アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

AVが教科書

今日読んだ記事の中にこういうものがあった。

避妊を教えた教師がクビ なぜ日本の“性教育”は進まないのか?

リンク先はヤフーニュースです。

記事自体時間が経つと読めなくなってしまうので、その中でとても共感した文章を抜粋させて頂きます。
(産婦人科医の河野美代子さんという方の発言です)

『また、河野さんは「今はAVが教科書になっている面がある」と指摘。自身が中学生に教える際は「あれは演技の世界の娯楽であって、セックスの仕方とは違うんだって教えている」と話した。実際に河野さんのところにも、セックスのなかで指を入れてひっかきまわされ、膣内が大出血し病院に訪れる女性も多いという。「膣内で出血するとウイルスに感染するなどの危険も多いです。セックス中に膣内を指でかき回されて、男性の爪で膣内がぱっくり切れてしまった女性もいます。膣内で出血するとナプキンをつけてくる患者さんがいらっしゃいますが、その女性はバスタオルを足の間に巻いてきて……もうそのバスタオルも血でビショビショでした」と実際のエピソードを語った。

 過去にAV男優の加藤鷹さんと講演で話す機会があった河野さんは「加藤鷹さんは爪がないくらいに短くて。女優さんを傷つけないようにしているんですね。でも、通常AVの中では『爪を切りましょう』なんてことは紹介しません。AVは教科書にすると、とても危険です」と、日本の性教育への問題点を挙げた。』

まったくその通りだと思います、特にSMという領域で。

AV観てそれがあたかも普通に出来ることだと思い込み、にわか知識と未経験なのに相手を縛ったり弄ったりと。
「それを観て興奮したから俺はSだ」と、何の根拠もない自信を持って。

本当に危ない。
知人女性の話ですが、経験年数十数年と言っていたSとの初回逢瀬で、ホテルでいきなりフィストをしだして結果大出血。
その女性は未婚で出産の経験がないので、簡単に入るはずなどないのです。
それを見たその男はその場に女性を残し、何もせずにそそくさと逃げたそうです。

本名も住所もわからないので警察に届けることも出来ず、さらに既婚者であったために大事(おおごと)にする訳にもいかず、自分でバスタオルで股間を縛ってホテルを出て、タクシーで病院へ行ったそうです。

そのような表に出ない悲惨な出来事はたくさんあると思います。

AVの内容が過激になればなるほど、それを見て迷いもせずに実践してしまう馬鹿どもが居るという現実。
怖いですよね。

加藤鷹さんの一節がありますが、しっかりと経験値を持ち、サロン等で講習を受けたサディストは爪にはいつも気をつけています。
もちろん私も。

会ってみてサディストだと名乗った男の爪の処理がされていなかったら、それは間違いなく似非だと思います。
相手(女性)に対する配慮が欠けている輩はサディストと名乗る資格がない。

自分の性癖嗜好を受け止めてくれる大切な相手なのですから、当然のことですよね。
そこを、自分の欲求のはけ口にしか考えてない似非Sが、相手を平気で傷つけてしまうのです。

もしSM界へ踏み入れることがありましたら、相手男性は爪をしっかり切って管理をしている人を見つけましょう。
それだけでも見極めの材料になるやもしれません。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター