アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

付き合いの中で男という奴は、相手の気持ちがこちらに向いている(要は好きという気持ち)の他に「情」という要素を見つけると、自分の利権を最優先して相手に尽くさせる事、我儘を言い放題にし甘える事に遠慮をしなくなる。
よく女性がダメ彼の事を「くされ縁だから」とか「でも好きだから」と言って、相手を甘やかす事で関係を継続しているような人が居るのだが、男はその気持ちに報いる事はなく、いとも簡単に自分都合での付き合いを続ける生き物だ。
だから、尽くしに尽くしても捨てられる女性は多い。
単に物欲で金品を貢がせる場合もあるが、大体が精神的な部分で繋ぎとめて自分の好き勝手をされる事ばかり。
結果的に精神的にボロボロにされている女性をよく見る。
男女のものの考え方には違いがある。
尽くせばいつかは認められる・・・・と思うのは間違いである。
男を買い被ってはいけない。

斯く言う私だって同じで、情による付き合いでは自分都合で甘えてしまう。
それを知っているので、私は情の部分での付き合いをする事はしない。
「冷たいくらいキッパリと別れるよな?」・・・というのも、そういう自分を出すのが嫌だからだ。
縁あってお付き合いをしていた相手に未練が無いはずもないわけで、そこに至らないようにする事が自分の為にも相手の為にも良いと思っている。

女性の皆さん、あまり男を甘やかさないで下さい。
男は図に乗る生き物です。
貴女の気持ちが報われる事はほぼありません。
恋愛であるなら、本当に「愛」という部分での結び付きを大事にして、情で付き合う事のないようにして下さいね。
(SMの付き合いで嗜好の要素が入る場合はまた別ですよ)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター