アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

気持ちを新たに。

この題材も前に似たような事を書いたような気もするのだけど、今思ったので書いちゃいます(苦笑)

SMの経験値というものがある。
行為と精神とそれぞれに値は変わるものだけれど、一様に比例して上がっていくものだろう。
私は、これまでのSM経験としてスポット的なものや委託などを含めると女性相手に行為(プレイも含む)をした数としては100人を余裕で超える。(20代30代がピークだったと思う、以降は尻つぼみで少なくなって来てる(苦笑))
当然ながら最初のうちはおっかなびっくりしながら、腫れ物にでも触るがごとく慎重に丁寧に女性に接していた。
その内経験値も増え、技術にも自信がついて来ると自分のペースで相手を躍らせることが出来るようになった。
「女性の身体の仕組みはこういうものだ」と、いつしか思うように。
慣れとは恐ろしいもので、数をこなせばこなす程女性の扱いに対して傲慢さが出るようになった。
「所詮はこうやれば女なんて皆喜ぶもの」という、今で言えばマニュアルに沿えばすべてうまくいくがごとく考えていたと思う。
女性の扱いについても例えれば学校で身体検査を受け持つ医師のごとく、右から左へと同じ扱いで流れ作業のようにこなしていた時期もある。
それでも相手は感激し喜んでくれていたのだからまだ救われる。

ある日(ずいぶん前の話しだが)自分の今までの女性の扱い(身体)方では対応出来ない場面に遭遇した。
俗に言う「不感症」の分類の人だった。
今までは物理的にここをこうやれば相手は濡れて喜ぶからと、ツボを心得ていたと思っていた私はかなり焦った。
その女性とは3回続けて会ったのだが3回とも駄目だった。
「相手が悪いんだろう、俺のテクが効かないわけがない」とその時は落ち込みながらもそう思う事で自分を守った。
でも、正直悔しかったので交流のある諸先輩方に相談をしたところ「お前さ、性感帯は誰でも同じと思ってないか?」という先輩と「物理的な刺激だけで何でも気持ちよくなると思ったら大間違いだぞ?精神的な気持ちをほぐさないと駄目だ」という先輩が。
あれ?そう言えば最初の頃は相手を落ち着かせることから考えてたよな・・・・・と自分のしていたことを思い出した。
で、その女性ともう1度会うことに。
今回は話をする事をメインとして相手の心情やら日頃の性的な行為の分析をするようにしたところ、ある事に気が付いた。
女性の皆さんで該当する方も多いと思うのだが、その女性は性的な刺激を受けると尿意を催してしまい、そうなるとまったく集中出来なくなるのだという事がわかった。
尿を漏らしてしまう恐怖と戦うことに精一杯になる、だから快感まで行き着かないわけだ。
今の世の中放尿や潮吹きなんてごく当たり前に動画でも見れるくらいメジャーだが、その当時はそんな事は本当におかしいと思われていた時代でもあるので、そんな事を人に話す自体考えられないことでもあった。
でも、そこまでわかったので刺激をすれば出てしまうのはごく自然だという事、決して恥ずかしいことではなくむしろ出すことで快感が生まれること、出ても良いようにバスタオルを何枚も敷いて対応する事を話してなんとか納得してもらい再度チャレンジをした。
その上での行為で彼女は大声をあげてイク事が出来た。
物理的な対応はもとより、その女性に「私は貴女が乱れ喜ぶ所を見れるのが私の最大の楽しみなのだ、だからどうか心を開いて欲しい」という類の話を時間をかけてしたのが幸いしたと思う。
バスタオルは何の役にも立たず、ベッドのほぼ半分を濡らしてしまったけど^^;

この件があって以降、女性の扱いに対する私の意識の持ち方が変わった。
こちらがどれだけ経験値に長けていても、相手は常に不安な気持ちで容易に自分をさらけ出せないのだというのもわかった。
常に相手に対して初心を忘れず誠意を持たないと心を開いてはくれないというのも痛感した。
ならば、それを踏まえた上で相手に接していかなければいけないというのも理解した。
それを理解したことによって新たな楽しみを得られるようにもなった。
その相手に対する探究心だ。
むろん、自分の経験値の向上にも繋がるわけで、昔のように女性の扱いを単一化するのではなく個々にパターンがあるのだから、それぞれがスペシャルな存在なのだと思えるようになった。
だから、毎回気持ちを新たに相手と向き合って行かないといけない。

本当に慣れというのは恐ろしい。
自分を過信してしまいがちなこの世界は、それをしてしまうと事故に繋がる。
単に快楽を与えられないだけではなく相手を傷つけてしまうことにもなる。
だから毎回毎回身を引き締めていかなければならない。
責任を持つという言葉は、この考えの上に成り立っているのだと思う。


などと偉そうなことを書いているけれど、ここの所の私はもう何人も導くことなく終わってしまっている(苦笑)
何が悪いんだろうかね???(滝汗)
それがわからないから引退なのかも?(自爆)


補足
経験人数を書いたのは別に自慢したいが為ではないですよ?(その程度で自慢も無いでしょうけど^^;)
記事を読んでもらえば、それが導線だという事はわかってもらえるものと思っています。
が、一応補足として明記しておきますね(苦笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター