アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

プロフの内容

あらためて自分のプロフを客観的に読んでみた。
第一印象は「こいつは行為の事ばかり書いているやりたい君だな」というもの(苦笑)
SMの精神に触れた事がある人なら、行為内容を書いているのがどういう意図での説明なのか理解出来る人も居るだろう。
でも、普通に一般的な物の考え方をする人にとっては、これはやりたい君としか認識されないのだと思う。
アブノーマルを自称する変態さんも根は同じである、SM精神に触れてなければ精神的依存や心の絆の精髄はわかるはずもない。
何故かというと、例えば恋人や夫婦の付き合いの中にある依存や絆とはまったく別次元のものだから、それがどのようなものなのかわからないし想像すら出来ないだろうから。
だからいくら「精神面で・・・」と話をしても相手にとってはちんぷんかんぷんだろうし、そこに意味を見い出せなければ私との接点も無い。
プロフに「Mです」と明記してあっても、それは好きなプレイが虐げられる系というだけでマゾヒズムの心理を持っているわけではないように思う。

それでは、そのSM精神はどこで触れる事が出来るのだろうか?と考えてみた。

いや、まずその前にここの人達にとってSM精神に触れる事が必要なのだろうか?とも思う。
今のネットの出会い系などに居る男女のほとんど(女性は7割程度か)は性行為の相手探しだろう。
それは肉欲や快楽があれば事足りるものでもある。
興味本位で女性のプロフを徘徊しているが、半分くらいはお相手持ちと書いてある。
それにも関わらず性的な事柄や画像を載せて遊び相手を探しているのだから、本当に快楽があればそれでいいのだろう。
リアルは求めていないとかお友達募集ですと書いている女性でも画像を観ると裸の写真が載っていたりする。
前に「お友達募集なら裸画像は必要ないのでは?」とお節介をしたことがあるが「何を載せようと勝手でしょ?と切れられた事がある(苦笑)
ま、確かに勝手なんだが、自分が発信する内容を男性がどう受け取るのかを狙っているとしか思えないものも多い。
そんな人が精神的な安定を望んでいるとは思えない。
単にSEX依存症なだけだと思う。
別にそれらがいけないとは思わないが、少なくともエッチだけに興味を持つのでは私とは接点が無いし関わりたいとも思えない。
付き合いをし、肌を合わせ、相手の精神を管理するのにはそれなりの理由が必要だと思う。
痴漢についてもその危険性を説いた事もあるのだが、これも余計なお世話なのだろう。
だからもう二度とお節介は焼かない事にした(苦笑)

話を戻そう、ではどこで精神に触れられるのか・・・・・・・・そう考えると思いつかないんだよね^^;

例えば映画の「O嬢の物語」を観た事があるだろうか?(てかSM人がこの「作品」の話をする自体ナンセンスでおかしいんだけど、他に今思いつかないので一般的に知られてるものとしてとりあえず代用しました、あの話に共感する女性も多いでしょうけど、あれあくまで読み物ですから^^;)
原作と映画は意図内容が変わるものが多いんだが、あの映画を観てはっきり2人の気持ちの変化がわかるようなら、少しは触れられたのかもしれない。
あの映画の内容が良い悪いは別にしてね(苦笑)
あとは、性癖がある女性が精神的に病んでしまって、それを受け止めてくれるS氏に相談をしてとか?そんな状況ならあり得ると思う。

結局の所、私がいくら「精神面で・・・」とプロフに書いても、それを理解出来る人はほとんどいないのだろうなぁと・・・そんな風に思ってしまった^^;
これがSMサイトで主従関係等の経験値が多い女性であれば、何かしらの感性は掴んでくれるのではないかと思いますが。

結局ノーマルで何もわからない人というのは導きようがないんだろうと思います、いや、思いました(苦笑)




6月30日追記
そういえば、毎度毎度ながら起承転結な記事になっていない事を認識^^;
やりたがりという意味ではやりたがりですよ、私(苦笑)
但し、相手をおもちゃや言葉で責める事へのやりたがりですから、それを受け止める相手は快楽の波にのまれてきっと満足すると思います。
私自身がSEX目線で行為をする事自体は少ないと思います。(中出しが出来る等特殊な環境下ならあり得ますが)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター