アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

不愉快

いくつかのお気に入りのブログを見てまわる時に、記事に対してコメントがされている場合はそれも含めて読む場合が多い。

心情を題材にして書いている記事の場合、内容をちゃんと理解している場合を除き私はむやみにコメントをする事をなるべく控えるようにしている。
書いたとしても、その本質に迫るような内容にはしない。

何故か?

その文面だけの情報で、書き手の現状を把握する事が難しいから。

素直に想いを書いているだけとは限らないし、精一杯やせ我慢をして書いているかもしれない。
まったく架空の話かもしれないのはNETという環境下ではよくあることだけど、それでも安易にコメントをするのはどうかと思う。
知りえているはずがないことに対して、さも自分はわかってあげてる的なコメントをしているのにはとても腹が立つ。
どうしてそんなに無責任な事が言えるのだろう?「どうせこんな感じだろう?それなら解決は簡単じゃんか」と。
自分の器の大きさが他人と同じわけがないだろう?

見える部分だけで判断して「頑張れ」と言っても、実際は頑張ったら壊れる場合だってある。
心をえぐるような事を言っているかもしれないと、再度自分が書き込む時は確認をすべき。

おちゃらけてコメントしてれば許されるわけではない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター