アクセス解析
レンタル掲示板
FC2ブログ

AVが教科書

今日読んだ記事の中にこういうものがあった。

避妊を教えた教師がクビ なぜ日本の“性教育”は進まないのか?

リンク先はヤフーニュースです。

記事自体時間が経つと読めなくなってしまうので、その中でとても共感した文章を抜粋させて頂きます。
(産婦人科医の河野美代子さんという方の発言です)

『また、河野さんは「今はAVが教科書になっている面がある」と指摘。自身が中学生に教える際は「あれは演技の世界の娯楽であって、セックスの仕方とは違うんだって教えている」と話した。実際に河野さんのところにも、セックスのなかで指を入れてひっかきまわされ、膣内が大出血し病院に訪れる女性も多いという。「膣内で出血するとウイルスに感染するなどの危険も多いです。セックス中に膣内を指でかき回されて、男性の爪で膣内がぱっくり切れてしまった女性もいます。膣内で出血するとナプキンをつけてくる患者さんがいらっしゃいますが、その女性はバスタオルを足の間に巻いてきて……もうそのバスタオルも血でビショビショでした」と実際のエピソードを語った。

 過去にAV男優の加藤鷹さんと講演で話す機会があった河野さんは「加藤鷹さんは爪がないくらいに短くて。女優さんを傷つけないようにしているんですね。でも、通常AVの中では『爪を切りましょう』なんてことは紹介しません。AVは教科書にすると、とても危険です」と、日本の性教育への問題点を挙げた。』

まったくその通りだと思います、特にSMという領域で。

AV観てそれがあたかも普通に出来ることだと思い込み、にわか知識と未経験なのに相手を縛ったり弄ったりと。
「それを観て興奮したから俺はSだ」と、何の根拠もない自信を持って。

本当に危ない。
知人女性の話ですが、経験年数十数年と言っていたSとの初回逢瀬で、ホテルでいきなりフィストをしだして結果大出血。
その女性は未婚で出産の経験がないので、簡単に入るはずなどないのです。
それを見たその男はその場に女性を残し、何もせずにそそくさと逃げたそうです。

本名も住所もわからないので警察に届けることも出来ず、さらに既婚者であったために大事(おおごと)にする訳にもいかず、自分でバスタオルで股間を縛ってホテルを出て、タクシーで病院へ行ったそうです。

そのような表に出ない悲惨な出来事はたくさんあると思います。

AVの内容が過激になればなるほど、それを見て迷いもせずに実践してしまう馬鹿どもが居るという現実。
怖いですよね。

加藤鷹さんの一節がありますが、しっかりと経験値を持ち、サロン等で講習を受けたサディストは爪にはいつも気をつけています。
もちろん私も。

会ってみてサディストだと名乗った男の爪の処理がされていなかったら、それは間違いなく似非だと思います。
相手(女性)に対する配慮が欠けている輩はサディストと名乗る資格がない。

自分の性癖嗜好を受け止めてくれる大切な相手なのですから、当然のことですよね。
そこを、自分の欲求のはけ口にしか考えてない似非Sが、相手を平気で傷つけてしまうのです。

もしSM界へ踏み入れることがありましたら、相手男性は爪をしっかり切って管理をしている人を見つけましょう。
それだけでも見極めの材料になるやもしれません。




複数

久々に親しい友人と飲み会。
と言ってもSM関係の友人ばかりで、ご丁寧にも皆愛奴を従えてやって来やがった(苦笑)
「おぅ!元気か?」の一言から皆で乾杯をしてそれぞれに話を。
個室の居酒屋を陣取ったので、最初からSM話全開で(笑)

「お前その後どうなったんだよ?」
「え?相変わらずだよ?」
「また放出したんだって?」
「うん、まあね・・・(汗)」
「なんでそう厳格なのかねぇ、もう少し楽に考えたらいいのに・・・」
「楽って・・・・(苦笑)」

今回集まったSは皆複数で多頭飼いばかり。
私的には尊敬に値する人物ばかりで、多数の愛奴を管理出来る能力があるというだけで正直凄いと思う。

で、色々話している内にとあるM女さんの話題になった。
M女の話題というか、その付き合いの精神的なものと言えばいいのか。

「彼女の主がさ、自分以外の誰と付き合ってもいいって言うらしいんだよ、でそのM女は色んな男性と遊んでるわけ」
「主が言うには、それでそのM女の心が安定するのなら問題ないんだって、俺にはちょっと考えられないなぁ」と私。
「ん、でもさ、その主ってきっと多頭飼いだろ?」
「え?よくわかったな」
「案外俺たちにはそれ普通だけどな(苦笑)」と友人らが頷いた。

「お前はさ、相手が出来たらその相手の1から10まですべてを管理して面倒を見る事がSの仕事だと思っているだろ?」
「すべてとは言わないけど、まぁそうだね」
「俺らがもしお前と同じように相手すべてに接してたら、俺らは多分発狂すると思うぞ?(苦笑)」
「ん~でもそれが相手を背負う責任ではないのかね?」
「いやいや、責任はちゃんと持ってるさ、ただ接し方や考え方として自分がすべてを見ないといけないという気負いではないという事だ」
「ん~よくわからん(汗)」
「頼られた、だから自分だけが相手を幸せにしてやれると思うのは傲りというもんだよ」
「あくまで頼られた側はそのすべてを把握してやるだけで、その頼った側にとって何が一番安定するのかを考えてやらないといけない」
「その上で自分一人で育ててやるのがいいのか、自由にしてやって居所だけを確保してやるのがいいのかを考えてやるのさ」
「なるほど、意味はわかるよ、でもそれって何か無責任な気がするなぁ」
「手元で育てるだけが責任じゃないだろ?相手を見続けてやる事も責任だし、結果的に心が安定しないと話にならん(苦笑)」
「と言うか、前々から思ってたけど、お前責任責任って・・・・その責任に囚われ過ぎじゃないか?確かに無責任はこの世界ではあり得ない事だが、自分がすべてを構う事が責任を全うするわけではないと思うぞ」
「う~ん・・・・」

正直目から鱗だったりした(苦笑)
確かに私がすべて構う事が責任だとも思っていたわけで。
結果的に相手が色んな意味で安定するように導くのが、そのM女と縁を持った私の責任なのかもしれない。
M女によっては構い囲うだけでは意味がない場合もあるのだろう。
もっとも、それは多頭飼いのSの意見であり(今回集まったS氏達のみかも?)、私のように1対1を主としているSに当てはまるのかどうかはわからない。
唯一という言葉に真実はあるとも思うし、、、、

でもま、確かにしたいようにさせてあげて、居場所だけ確保してあげれれば相手は安定するかもしれない。
でも、それは何か寂しい気がする(苦笑)
その辺の事をぶつぶつ言ってたら突っ込まれた。

「だから、その辺は多頭であるが故のバランスの問題で、目をかけてやる相手が複数居ると寂しいなんて言ってられないわけだ(苦笑)」
「ん~なんかそれズルい(苦笑)」
「でもさ、お前だって〇〇の時は、他に彼女だって居たしセフレまで持ってたじゃんか(爆)」

「あ!!!!!!!!!!!」

正直忘れてた(大汗)
TPOではないが、そうやって複数の女性とお付き合いをしていた時期が確かにあった^^;
午前中逢ってHをし、午後は別の女性とSMを・・・・なんて事もあったっけ。
その時は寂しいなんて気持ちのカケラも無かったし、結構気持ち的にも肉体的にも充実してたな。

というか、どんだけ私の女性遍歴を知ってるんだよ、こいつらは(滝汗)

「でもさ、俺らのように嗜好に特化した付き合いとは違うかもしれないが、あの時お前全員に対して片手間だったか?気持ちに責任は持っていただろ?」
「うん、責任という言葉をどう捉えるかにもよるが、皆大切な相手だったし、皆を喜ばせたかったのは確かだ」
「そういう相手に対する真摯な気持ちが責任って事じゃないのか?」
「もっとも当事者同士にはその存在を伝えた上で成り立つものだから、コソコソ付き合うのじゃダメだけどな(笑)」
「それは当たり前だ(笑)、お前らはだから多頭だと名乗ってるんだろ?(苦笑)」
「まあ、そういう事だ」

今回の雑談で自分的に気持ちの上で新しい収穫があったように思う。
何というか、自分だけ気持ちが空回りしている感覚がここ最近あったので、もうちょっと楽に考えてもいいのかな?とも思う。
ただ、彼らの考えを全面的に受け入れる事は出来ないだろうけどね(苦笑)
私にはそんだけのキャパがまだ無い(汗)




嗜好・・・???

「S出来ます」とか「M出来ます」とか・・・・趣味やスポーツみたいに言ってる人が居るけど、出来るからやるもんなのかね?
違和感あるわぁ。。。。。

んと。。。。

とりあえず、継続かな?
しばらく様子見という事で。

我侭

SNSの日記にも書いたけど(苦笑)
あちらはあたり障りなく書いたけどこちらは遠慮しないもんね(笑)
あのね、S側がMを「我侭」だと言っちゃ駄目でしょ?しいて言えば我侭なのはSのほうなんだし。
どうしてそんな図式になったのかと考えてみたんだが(図式というのはMがわがままだという事を定着させている様ね)結局のところ、そういう風に言っておけばM側の同意というか気持ちを押えやすいんだとSの誰かが気づいたんだろうね。
「M女は我侭でも仕方ない」って言うSに対しては何となく敷居が低く感じない?(苦笑)
「あぁ、この人になら多少の我侭を言っても怒られない」みたいな。
私のように頑固で理屈っぽいSだとほんのちょっとの我侭でも怒られそうで嫌だけど、そういう人なら付き合ってみてもいいかもって?(苦笑)
ん~まず自分の逃げ道を先に用意して相手選別をするような人に嗜好の探求なんか出来ないと思うし、そんな甘い考えだと真の居場所も見つからないよね。
そういう事を思う人は確かに我侭だと思うけど、それがMだからって事にはならないでしょ?
私が今まで接して来た本当のMさんのほとんどが、素直で相手の話をちゃんと聞く耳を持った頭の良い人ばかりでしたよ。
自分の立場をわきまえた上で、自分が望むことやしたい事が主にとってどのように映るのかをちゃんと考えられる、それで望めるのかどうかを判断出来る人ばかりでした。

前にも書いたけど「Mというのは偉大」なのですよ。

それを簡単に「我侭だから」と片付けていいのですかね?それを言うSの資質を私は疑いますけどね^^;
軟弱と言ってしまえば簡単だけど、もう少しSMの深い部分を勉強して欲しいなと感じてしまった。



てか、同類に見られたくないからコメント被さないでよ( ̄□ ̄;)
プロフィール

龍角

Author:龍角
こんにちは。
SMの世界に留まってもうかれこれ数十年。
半ば隠居のような状態でSMサイトでのんびり遊んでいたのですが、縁あって現在親子程歳の離れた女性と一緒に歩んでおります。
相変わらずの更新頻度低めですが、よろしくお付き合い願います。

記事は時系列に沿って書いていますので、初めてお越しの方は「深い意味は・・・・」から読んで、「<<前のページ」で進んで頂けると良いかと思います。

ちなみに何箇所かのサイトで無断でリンクを張られているようですが、当サイトはリンクフリーではありませんし、何処にも許可はしておりませんので、勝手にリンクを張る事はお控え下さい。
また、記事の内容いついても一切の無断転用を禁止します。(一番下にCopyright書いてあるでしょ?)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

管理人へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター